« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月31日 (土)

Orville by Gibson ES-335の出自が気になる

今は消滅してしまったブランド、Orville by GibsonのES-335です(^^♪
我が家のギターとしては珍しく、全く改造ナシです(;一_一)

Cimg4213b

Orville (by Gibson)といえば、かつて日本に存在した、本家Gibson公認のサブブランドで、本家と同じく○野楽器が展開してました。Gibson公認ということで、本家Gibson以外で(当時)唯一正面切って「Les Paul」だとか「ES-335」といった名称を使えたブランドでもありました。
高品質・高コストパフォーマンスの国産コピーモデルを駆逐するために立ち上げられた、いわばFender U.S.A.に対するFender Japanのような存在だったわけですね。
ヘッド部ロゴに『by Gibson』のついているものはGibson U.S.A.製ピックアップ搭載の上位グレード、ついていないものは国産ピックアップ搭載の普及グレードという位置づけになってました。

今はその役割を終えブランドは廃止され、その役割(の一部?)はEpiphoneブランドが引き継がれる形となっています。

で、このギターは大学卒業のころに友人から譲ってもらったもので、1993年製、by Gibson付きのモデルです。主要な生産拠点を韓国に移す前の、Made in Japanのモデルです。

最近、このギターの出自がやたら気になりだしまして、色々ネット上で調べて深みにハマりだしました。

ヘッドストックです。『Orville』の下の『by Gibson』の文字が光ってますshine
余った弦をカットせずクルクル巻きtyphoonにしてるとこはヴィンテージ風味の演出ということでsweat01

Cimg4187a

シリアルNo.はG3XXXXX。『by Gibson』つきのものはシリアルNo.のアタマがGというルールだったようです。最初の数字の『3』は1993年製の意。無印Orvilleはシリアルも無印。後に登場するKで始まるシリアルのものは、「実質」韓国製の模様。

Cimg4194a

Cimg4181b

 

ペグはクルーソンタイプではなく、ロトマチックタイプです。ネット上で見かけるものをチェックすると、1992年まではクルーソンタイプのようですので、1993年から変わっている?
MADE IN JAPANの刻印のみあり。Ibanezにも同様のパターンがありますので、やはりGOTOH製でしょうか?   

Cimg4195a

ネックのバインディングはフレットのエッジにかかるオリジナル通りのスタイル。
ちなみに我が家でこのスタイルなのは、本家GibsonのLes Paul Standardとコレだけ。
手持ちのIbanezのSAR300G、SRG2520、RG770FM、RGR480Fはフレットがバインディング上まで延びているタイプ。

Cimg4201a

ノブは所謂ベルノブです。コレも時期によって違うものがついていることもあるようです。

Cimg4179a

ピックアップはGibson製ですが、当時の本家のES-335についていたものと同等と思われます。今度取り外して確かめてみようと思います。

Cimg4176a

さてさて、ここまできて、このギターがどこで作られたものなのか、気になってしょうがありません。
このテの話は、Fender Japanがどこでつくられているのか?と並んで、某巨大掲示板でもしょっちゅう話題に上りますねdespair
やっぱり自分の持ってる楽器がどんなモノなのかってのは、気になるってもんです。
で、オービルの箱物は寺田もしくはフジゲンで作られているようなのですが、ネット上の定説を辿ると、時期的には我が家のES-335は寺田で作られたもののようです。
現在、このギターは実家に保管しており手元にないのですぐには確認できないのですが、一度バラして実態を確かめたいと思います。

それにしてもこのギター、状態の良いものだとヤフオクとかでは平気で14万とか15万とかの値がついてますね。ちょっと異常。(私は当時3万で譲ってもらったんですが…)
最近はebayとか海外のオークションサイトでも、Orvilleに限らず日本のファクトリーで製造されたMade in Japanギターが「MIJ」とか表記されてやたら珍重されてますね。日本製品が価値が認められることは喜ばしいことですが、転売ヤーとやらのせいで市場価格が高騰するのは甚だ迷惑なことで。

もともと90年代前半くらいまでは、Made in Japanというと普及グレードや以下がメインであり、やっぱホンモノはMade in U.S.A.と、という空気が支配的でした。ホンモノがほしいけど、高くて買えないから国産で手を打つ、という・・・
国産であることをウリにする、という流れが発生したのは、90年代後半に、各ブランドの廉価グレードの生産拠点が日本からアジア方面に移行しはじめたことに対する危機感かららだったわけですね。(IbanezのJ-Customが登場したのもこの頃ですね)
今でこそ値段も上がっちゃいましたが、J-Customの価格がUSAメイドのブランドのハイエンドクラスのギターと比較して格安であったことは、正に「バリュー」だったと。

で、オービルその他国産ののギターが本家のギターとあまり変わらない値段で取引されているのは、モノ自体の価値が認められているという側面を抜きにしても、違和感があるんですよね~coldsweats01

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年5月11日 (日)

DiMarzio ibz ピックアップの「?」 その2

RG540に取り付けるために今回ゲットしたDiMarzio ibzを眺めていて気づいたことなのですが、手持ちのRG2720FM、RG2770QM、SRG2520についてるDiMarzio ibzと今回ゲットしたDiMarzio ibzが違うのす。

Dibz_vs_dibz

写真左が今回のもの、右がRG2770QMです。
よく見るとわかるのですが、RG2770QMのハムバッカーは全てのポールピースがアジャスタブルタイプなのですが、今回のものは片側が固定タイプになっています。
確認したところ、RG2720FMのものも、SRG2520のものも、RG2770QMと同じく全てアジャスタブルでした。
つまり今回入手したモノは、私のお気に入りのDiMarzio ibzとは別モノだったのです。ショック(T_T)

で、ちょっと調べてみたところ、今回入手したモノはRGではなくSシリーズのPrestigeからはずされたモノであったようです。
ちょっと前のカタログのS Prestigeのページに下記表記がありました。

「S Prestige 用に出力を高めに設定したUSA 製“DiMarzio® IBZ”ピックアップ。」

S2170sentf_pu

そうか~ 気づかなかった(-_-;)
ちゃんと機種ごとにピックアップも作り分けているわけですね。

DiMarzioのサイトのFAQコーナーにあるDiMarzio ibzの説明は、おそらくRGについているものの説明でしょう・・・今回のSについているものは・・・若干中高域の倍音が多いように感じます。パワーはさほど違いは感じません。
もちろん、構成が似ているとはいえ、満身創痍weepの1980年代のRGと、現役バリバリの2000年代のPrestigeとの直接比較はできないですがthink

とりあえずRG540はとりあえず実戦投入への準備ができましたので、しばらく慣らし運転です。

次回はちょっとIbanezから離れた話題を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木)

DiMarzio ibz ピックアップの「?」 その1

数年前まで、我が家ではIbanez RGのピックアップは、ブリッジ側はDiMarzioのTONE ZONE、ネック側はBill LawrenceのL500Rに換えるというのが不文律となっておりました。
きっかけはは至って単純で、TONE ZONEについてはPAUL GILBERTの影響、L500Rについてはたまたま友人に譲ってもらったものを付けたらいい音がしたから、というレベル(-_-;)なのですが・・・その後他のP.U.をつけて失敗を繰り返し、自然にこの組み合わせが黄金律として確立されてゆくのでした。

Tzandl500


ポイントとして、TONE ZONEはよく言われるとおり

低音豊かで、トレブル抑え目な特性でバリつかないところ、
程よくコンプレッション感があるところ

L500Rは

中域抑え目でトレブルが強く、ブーミーにならないところ

が気に入ってました。

ですが、数年前にRG2720FMというギターに出会い、ここに搭載されていたDiMarzio ibzなるピックアップに出会い、一気に「コレ、すげーいい!」ってことになってししまい、黄金律が崩されてしまうのです。
(もちろん、ギターそのものの鳴り特性が良かった、というのも大きいという前提はありますが!)

Cimg3376a


このDiMarzio ibzというピックアップはその名のとおりDiMarzio社がOEM(DiMarzioって入ってるからOEMとは言わないのかな?)で作っているモノで、Ibanezの2000番代以上のPrestigeモデル(の一部)にしか搭載されていません。(もちろん、切り売りはされてません!)
そのサウンドは、DiMarzioのサイトにある説明によれば、ブリッジ用のものは同社の「SUPER DISTORTION」と「STEVE MORSE BRIDGE MODEL」の中間、ネック用のものは同じく「SUPER2」に近いとのこと。残念ながらどれも使ったことがない(>_<)ので、この説明が妥当なのかはわかりませんが、

 ハイパワータイプ
 低域はタイト
 中域はバリつかない
 高域はキィキィしない

という私のツボにしっかりハマってくれたのでした。

今回、RG540を復活させるにあたって白羽の矢が立ったのも、中古で運よく入手できたDiMarzio ibzだったのですが、ここにちょっとした落とし穴がありました・・・

ちょっと長くなってきたので、続きはまた・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

自己満足千万な壁紙

我が家のIbanezギターをフル登場させた自己満足千万(;一_一)な壁紙を作ってみました。
手持ちのVAIO type TZ用なので、解像度が1,366*768と半端ですがcoldsweats02

Vrgwp1366_768_2a

ほとんどの画像は、有名な海外のIbanezファンサイトにあります、V-RG builderというサイトの画面上で作ったものです。
http://www.jemsite.com/vrg/
このサイトは自分好みのRGの画像がチョチョイっと作れちゃうという、世界のRG好きな人が自己満足に浸れる、ちょっとうれしいサイトです。有名なIbanezファンサイトの中にあるんですね。

で、壁紙用に作った画像は、極力現物に似せてます(^^♪
トーン外してミニスイッチ付けたトコ、ステッカー貼ったトコ、P.U.交換、色褪せsweat01・・・
さすがに打痕までは再現できてませんがsweat02

それにしてもIbanezだけでも15本。増えすぎですね。部屋狭いのに。
なお、登場しているギターは、
RG2770QM, RG2720FM, SRG2520, RG1550, RG770FM, RG680CM, RG570FM, RG550DX, RGR550, RG540, RGR480F, RT240*2, 540R, SAR300G
です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 4日 (日)

Ibanez RG540 治療開始

というわけで入手しましたIbanez RG540ですが、シリアルNo.F907463ですので、1989年フジゲン製ですね。
少なくとも1990年以降のカタログではお目にかかれないモデルで、実際市場に出回っている数はあまり多くないようです。

で、入手したモノですが、金額相応というか、過去の保管状態が悪かったようで、見た目も機能的にもガタガタです(T_T)
手の入れ甲斐があるってもんです(~_~;)

復活のためのとりあえずのメニューは、

・全体的なクリーニング
・ブリッジがヨレ気味だな・・・直るかな?
・ピックアップの交換
・アーミングアジャスタ取付
・調整

です。

白ボディの激しい黄変(!)についてはおそらく簡単に解決できないでしょうから、ひとまずは後回しにします。

まず、とにかくバラします。

見た目明らかにヤバい状態だったのが、Ibanez Edgeブリッジのヨレ具合です。
明らかにスタッドがグラついていたのですが、これは予想通り、単にスタッド固定用のネジが緩んでいるだけでした。とりあえず固定。けどやっぱり特に1弦側のスタッドがネック側に倒れ気味。

Cimg4044a

ちょっとアングルが違いますが、正常なEdgeブリッジのスタッドの位置と比べると、一目瞭然です。(写真は、RG570FMです。このギターについても、いつか触れたいと思います・・・)

Cimg3689a

ここは素人が直すのは難しそうです。ブリッジの動きやピッチに(とりあえずは)問題なさそうなので、やむなく作業断念。

ピックアップは、中古でH-S-Hセットで入手した、現行Prestigeシリーズでお馴染みのDiMarzio Ibzをブリッジ、センターのみ使用。ネック側は本当はレースセンサーの「ブルー」を使いたかったのですが、残念なことに、最近レースセンサーP.U.自体の入手性が悪くなってしまい、すぐに手に入りそうもないので、手持ちの「ライトブルー」を使うことにしました。

DiMarzio ibzについては、手持ちのRG Prestigeのサウンドがいたく気に入っていて、今回のチョイスに至ったわけですが・・・落とし穴がありましたbearing

ここらへんは後日詳しく書きたいと思います。


Cimg4165a

アーミングアジャスターについても後日詳しく書きたいと思いますが、我が家では定番改造です(^_^;)
コレだけでチューニングの安定度、音のタイトさが天と地ほど変わります。

Cimg4171a

なお、ボディのネックポケット部及びネック裏には、「RG550」の型番がスタンプされていました。

ピックアップのキャビティもH-S-Hでもイケるようになっていますので、このRG540という機種はあくまでRG550のバリエーションのスポット品という扱いなのでしょう。

ただ、他のRGと違う点として、配線が所謂VAI配線(ハムバッキングP.U.がハーフトーン時に自動的にコイルタップになる)ではなく、トーンポットに仕込まれたプッシュ/プルスイッチでコイルタップするようになっている、という点があります。

3シングルっぽい使い方も想定しての仕様でしょうか。

Rg540_kaitai


とりあえず、黄変の件とスタッドの件が宿題として残りましたが(;一_一)、ネックやイントネーションについても幸い余裕をもって調整可能な範囲に収まりましたので、実戦投入できる状態にまではなりました。ホッcoldsweats01

作業後のインプレッションは、また後日!

続きを読む "Ibanez RG540 治療開始"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »