« DiMarzio ibz ピックアップの「?」 その2 | トップページ | ストラトライクなIbanez、IbanezライクなFender その1 »

2008年5月31日 (土)

Orville by Gibson ES-335の出自が気になる

今は消滅してしまったブランド、Orville by GibsonのES-335です(^^♪
我が家のギターとしては珍しく、全く改造ナシです(;一_一)

Cimg4213b

Orville (by Gibson)といえば、かつて日本に存在した、本家Gibson公認のサブブランドで、本家と同じく○野楽器が展開してました。Gibson公認ということで、本家Gibson以外で(当時)唯一正面切って「Les Paul」だとか「ES-335」といった名称を使えたブランドでもありました。
高品質・高コストパフォーマンスの国産コピーモデルを駆逐するために立ち上げられた、いわばFender U.S.A.に対するFender Japanのような存在だったわけですね。
ヘッド部ロゴに『by Gibson』のついているものはGibson U.S.A.製ピックアップ搭載の上位グレード、ついていないものは国産ピックアップ搭載の普及グレードという位置づけになってました。

今はその役割を終えブランドは廃止され、その役割(の一部?)はEpiphoneブランドが引き継がれる形となっています。

で、このギターは大学卒業のころに友人から譲ってもらったもので、1993年製、by Gibson付きのモデルです。主要な生産拠点を韓国に移す前の、Made in Japanのモデルです。

最近、このギターの出自がやたら気になりだしまして、色々ネット上で調べて深みにハマりだしました。

ヘッドストックです。『Orville』の下の『by Gibson』の文字が光ってますshine
余った弦をカットせずクルクル巻きtyphoonにしてるとこはヴィンテージ風味の演出ということでsweat01

Cimg4187a

シリアルNo.はG3XXXXX。『by Gibson』つきのものはシリアルNo.のアタマがGというルールだったようです。最初の数字の『3』は1993年製の意。無印Orvilleはシリアルも無印。後に登場するKで始まるシリアルのものは、「実質」韓国製の模様。

Cimg4194a

Cimg4181b

 

ペグはクルーソンタイプではなく、ロトマチックタイプです。ネット上で見かけるものをチェックすると、1992年まではクルーソンタイプのようですので、1993年から変わっている?
MADE IN JAPANの刻印のみあり。Ibanezにも同様のパターンがありますので、やはりGOTOH製でしょうか?   

Cimg4195a

ネックのバインディングはフレットのエッジにかかるオリジナル通りのスタイル。
ちなみに我が家でこのスタイルなのは、本家GibsonのLes Paul Standardとコレだけ。
手持ちのIbanezのSAR300G、SRG2520、RG770FM、RGR480Fはフレットがバインディング上まで延びているタイプ。

Cimg4201a

ノブは所謂ベルノブです。コレも時期によって違うものがついていることもあるようです。

Cimg4179a

ピックアップはGibson製ですが、当時の本家のES-335についていたものと同等と思われます。今度取り外して確かめてみようと思います。

Cimg4176a

さてさて、ここまできて、このギターがどこで作られたものなのか、気になってしょうがありません。
このテの話は、Fender Japanがどこでつくられているのか?と並んで、某巨大掲示板でもしょっちゅう話題に上りますねdespair
やっぱり自分の持ってる楽器がどんなモノなのかってのは、気になるってもんです。
で、オービルの箱物は寺田もしくはフジゲンで作られているようなのですが、ネット上の定説を辿ると、時期的には我が家のES-335は寺田で作られたもののようです。
現在、このギターは実家に保管しており手元にないのですぐには確認できないのですが、一度バラして実態を確かめたいと思います。

それにしてもこのギター、状態の良いものだとヤフオクとかでは平気で14万とか15万とかの値がついてますね。ちょっと異常。(私は当時3万で譲ってもらったんですが…)
最近はebayとか海外のオークションサイトでも、Orvilleに限らず日本のファクトリーで製造されたMade in Japanギターが「MIJ」とか表記されてやたら珍重されてますね。日本製品が価値が認められることは喜ばしいことですが、転売ヤーとやらのせいで市場価格が高騰するのは甚だ迷惑なことで。

もともと90年代前半くらいまでは、Made in Japanというと普及グレードや以下がメインであり、やっぱホンモノはMade in U.S.A.と、という空気が支配的でした。ホンモノがほしいけど、高くて買えないから国産で手を打つ、という・・・
国産であることをウリにする、という流れが発生したのは、90年代後半に、各ブランドの廉価グレードの生産拠点が日本からアジア方面に移行しはじめたことに対する危機感かららだったわけですね。(IbanezのJ-Customが登場したのもこの頃ですね)
今でこそ値段も上がっちゃいましたが、J-Customの価格がUSAメイドのブランドのハイエンドクラスのギターと比較して格安であったことは、正に「バリュー」だったと。

で、オービルその他国産ののギターが本家のギターとあまり変わらない値段で取引されているのは、モノ自体の価値が認められているという側面を抜きにしても、違和感があるんですよね~coldsweats01

|

« DiMarzio ibz ピックアップの「?」 その2 | トップページ | ストラトライクなIbanez、IbanezライクなFender その1 »

ギター関連」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、

オービルの記事見ました。

とてもいいギターですね、

ちなみに僕はES335を探しているんですが、もし良ければ選ぶポイントや年式によっての良し悪しなんか教えてもらえませんか?
アドレスです。↓
ecedxhm2@i.softbank.jp
お返事まってます♪

投稿: 亀谷 | 2011年7月 7日 (木) 02時18分

こんばんは

やっと 335の情報をいただきました。

大変参考になりました。

さっそく my335を引っ張り出し見比べました

ところ 私のもモデルはG89・・・・ですので

89年製ということでしょうか?

たしかに ペグが違いました。

中古屋さんで買い取りをしてもらおうかと

おもいましたが 大事に持ちつつ”けます。

同じバンドのベースも SGベースを持っています

クリームのフェアウェルコンサートを見て

一緒に買いました。

ありがとうございました。

投稿: | 2011年12月17日 (土) 20時51分

元来、ベース弾きですがちょっとコードやメロディーの確認とたまのイタズラ用に購入。(キーボードは全く弾けません(キリ。)
ウチのbyGibson ES335君はどうやら91年8月生まれの模様。色はタバコサンバースト
当時新品で近所の楽器屋さんの殆ど在庫処分価格でゲット。定価11万→6万何がしか。
ピックアップはGibsonUS製57classic
エスカッション他もUS製(本国正規品)を謳っていたと思います
糸巻きはクルーソン?(ギアボックスが長方形の箱)

ジャズ系仕様?に弦高を低め、テイルピースを若干上げてフラット弦を貼っています
因みに、手持ちのアンプは一番高かった頃の初期型?銀パネ、黒ノブのチャンプ12。山野楽器正規輸入品
(コレも件の楽器屋さんの在庫処分価格でゲット。購入すぐにその値段が円高で定価に成ったオチがつきます。)
このアンプで335を鳴らすと至福の音色?!

投稿: たぬき | 2012年3月14日 (水) 11時08分

別にKは韓国のKって決まってないんだけどな。日本製の可能性も充分高い。ネット情報鵜呑みは禁物。

投稿: | 2013年5月19日 (日) 03時41分

はじめまして。僕も'93のまったく同じモデル持っています。

'91カタログ
http://brochures.yokochou.com/guitar-and-amp/orville/1991/jp_09.html
'92カタログ
http://brochures.yokochou.com/guitar-and-amp/orville/1992/jp_10.html
'93カタログ
http://jacaranda.sakura.ne.jp/guitar/Orville_335.PDF

'92はTM490、'93から57classicのようです。

投稿: | 2016年1月 2日 (土) 05時28分

6年以上放置のブログにコメントいただき、有難うございます。

1992年のカタログは手元に残っていたのですが、93年のカタログが無く、ピックアップの件も含めてこれでスッキリしました!
ゴールドのベルノプにグローバータイプ…間違いなさそうです。

ただ、細かいことが気になってしまう、、、
というところで、ヘッドのOrvilleのロゴの位置がカタログと微妙にズレていて、93年カタログの写真はロゴの位置が微妙に上端寄りに見えます…

もっとも、92年のカタログ写真のチェリーとサンバーストもロゴの大きさ・位置が微妙に違うように見えます。

これが製造上のバラツキなのか、仕様・工程が変わったのか、工場が変わったのか、別の理由があるのか…

不毛とわかりながら、気になってしまうんです(泣)

投稿: スケアリィ・ケニィ | 2016年2月 4日 (木) 00時28分

シリアルナンバーの件は、当時Gibsonを扱っていた山野楽器のホームページにシリアルの読み方が書いてあり、それを参考にした記述だったと思います。。。

「実質」と書いたのは、「韓国製、または韓国で製造した部品を使用し日本で製造」といった記述があったからかと記憶していますが、、、

さしあたって現在ソースが探しあたりませんので、当ブログの内容は「参考情報」ということでお願い致します。

投稿: スケアリィ・ケニィ | 2016年2月 4日 (木) 00時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212249/41188368

この記事へのトラックバック一覧です: Orville by Gibson ES-335の出自が気になる:

« DiMarzio ibz ピックアップの「?」 その2 | トップページ | ストラトライクなIbanez、IbanezライクなFender その1 »