« 我が家のギター特集その3 ~Come Back編~ | トップページ | Fender Japan、ゴールドでレースセンサーなストラト »

2016年5月15日 (日)

モデリングギター、Variaxはジョージ役の味方。

モデリングギター、Variaxについて。

前のエントリで触れていますが、しばらく前に引っ越しのため脱退してしまったのですが、ビートルズのトリビュートバンドでジョージ役をやっていました。

そこでメインとして活躍したのがLINE 6のVariax500と600です。

Variax500_600

いわゆる、モデリングギターというやつでして、色々なギターのモデリングが内蔵されていて、1粒で◯粒おいしい!的な使い方ができます。
LINE6のモデリングギターの現行の機種は、JAMES TYLER VARIAXと、VARIAX STANDARDになりますが、このVARIAX500(黒いほう)とVARIAX600(青いほう)は、その前の世代のモデルになります。
モデリングされているギターの元ネタ一覧はこちらにあります↓
http://jp.line6.com/legacy/variax500/
アコギやエレキシタール、ドブロまで入ってます^^;
音色の呼び出しは、手元の10段階のダイヤルスイッチと5wayのピックアップセレクターの組み合わせで行いますので、バリエーションは50種類ですね。
エディット用のPCソフトを使うと、ピックアップの位置や角度を変えたトーンのシミュレートまでできたりします。

Variaxworkbench_m_2

テレキャスターににGretschのフィルタートロンピックアップを載せたり、リッケンにP.A.F.を載せたりもできます。
変則チューニングもプリセットしておけるので、手元の操作でサクッと1音下げにしたり、とかできます。これが便利!
ビートルズのバンドをやっていて、かつ初期から後期までのジョージのパートを網羅しようとすると、Gretsch系、リッケン12弦、Epiphone CASINO、レスポール、ストラト、テレの音くらいは最低限欲しくなります。
 
しかしレプリカでもこれらのギターは高価で、集めなければならないジョージ役の人は、相当お金持ちの人以外でもない限り、工夫と妥協が必要になります。
 
さしあたってこのギターだと妥協点は「見た目」ということになりますが、そこを飲み込めば超強力なギターなわけです(^-^;
Gibson J-200のモデリングも入っているのでアコースティックもOK、(エレキだけど)シタールの音も出せるので「Norwegian Wood」もいい雰囲気でイケます(^^♪
ちなみに、このギターはすでに生産終了なのですが、前出のJAMES TYLER VARIAXは値段がちょっと高く、見た目がちょっとモダン方向なのと、VARIAX STANDARDはストラトの雰囲気が強すぎる?ということで、ビートルズをやるには結構ハマっているのはこっちのタイプかな~?と思っています。
このギターは電源をフットペダル側から供給する仕組になってますが、そのフットペダルとギター本体を接続するステレオケーブルが入手困難で困ってます。
あと、そのフットペダルで出力先の切替(エレキ用アンプ行きとD.I.orアコギ用アンプ行き)ができるのですが、スイッチングノイズが酷いのが難点です。
それから、若干トラッキングの問題がありますので、アタックの遅れが気になる人は、抵抗があるかもしれません。ここらへんは、現行機種は解消されているんでしょうかね???

|

« 我が家のギター特集その3 ~Come Back編~ | トップページ | Fender Japan、ゴールドでレースセンサーなストラト »

オモチャ関連」カテゴリの記事

ギター関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212249/63630070

この記事へのトラックバック一覧です: モデリングギター、Variaxはジョージ役の味方。:

« 我が家のギター特集その3 ~Come Back編~ | トップページ | Fender Japan、ゴールドでレースセンサーなストラト »